<今週の良かった・ヨカッタ!!>~やっぱり、G.マーラーの『復活』が心に沁みる‼~

 

どなたにも、『この一曲』というものが
あるのではないでしょうか?
私の場合は、何といっても
G.マーラーの『復活』!!
その演奏会に行ってきました。

春の陽気に誘われて…。

 

ビリーフリセット®アドバイザーの
末広康三です。

 

3月31日は、
『オーケストラの日』。

そのココロは、
『みみ(3・3)にイチ(1)バン』
ということなのだそうです。

 

さて、年度末の慌ただしさにもめげず、
仕事をようやく片付けた!!

春の陽気に誘われて、
やってきたのは、港町・横浜。

 

美味しい中華料理をいただき、

19-010 中華街

 

<海と桜>という景色に目を見張り、

19-101-2 桜と海

 

向かった先は、
横浜みなとみらいホール。

お目当ては、
上岡敏之指揮・新日本フィルハーモニー交響楽団による
<G.マーラー 交響曲第2番ハ短調
『復活』>の特別演奏会。

19-010-2 ホール

 

以前、ブログにも書きましたが、
自分の人生の節目には、
「必ず」と言っていいほど、
この曲が関わっています。

 

G.マーラー『復活』の過去記事はこちら

 

 

『復活』を、客席で初めて聞いた!!

 

この見出しを読んで、
「え? 意味不明!?」
と思われた方は、正しいです。

「そんなに好きだということは、
CDで何度も聴いていたんだね。」

そうですね。
CDで何度となく
聴き込んでいたことは確かです。

 

実は、今まで聴いていたのは、
全て<ステージの上>だったのです。

 

この曲の第5楽章には合唱が入ります。
私は、合唱団員の一人として参加し、
曲の冒頭からずっとスタンバイ。

休憩なしで演奏に85分程かかる大曲。
指揮者の表情から意図を読み取り、
楽団員さんが奏でる音のシャワーを
目一杯に浴びながら、
この曲の素晴らしさを、
ステージ上で感じ取っていたのでした。

 

今回は、初めて客席で聴く体験。
ステージ上とはまた違った感覚で
楽しみ、エキサイトしたのでした。

そして、この曲から、
また新しいエネルギーをいただいた
ような気持ちになりました。

 

さぁ、今日からは新年度。
新たな気分でスタートできそうです。

 

 

投稿者プロフィール

末広 康三
末広 康三
 <すえひろ・やすみつ>
 現役の小学校教師としてバリバリと仕事をこなしてきたが、ある朝、突然動けなくなり「強制終了」を体験。職場復帰後、友人経由で転送されてきた「とあるブログ」をきっかけに自己探求に目覚め、「心のしくみ」についての学びをスタートさせる。
 現在、小学校勤務のかたわら、これまでの経験を活かし、[心のしくみ]や[人としてのあり方・生き方]を先生・保護者・子どもたちに伝えていきたい」という願いを実現すべく、カウンセラー・セミナー講師を目指し修行中。

詳しいプロフィールはこちら。